炎症性色素沈着は紫外線によるシミに比べて治りやすい!

炎症性色素沈着は紫外線によるシミに比べて治りやすい!

同じシミ(=色素沈着)でも紫外線によってできたものと炎症が原因でできたものには治りやすさに雲泥の差があるのはご存じでしょうか?


紫外線によるシミの場合、紫外線ダメージが肌細胞のDNA情報などを破壊してしまって本来の機能が喪失してしまっているケースがあるんですが、 炎症性の色素沈着の場合は単純に表皮にメラニンが沈着して残ったものなので、メラニンに働きかける美白成分を使えば消えてくれるんです。


もちろんここで使う美白成分というのはシミ予防の効果しかない「薬用」の美白成分ではなく、メラニンを還元して淡色化する作用のある漂白型の美白成分であるのはいうまでもありません。


沈着したメラニンを漂白してくれる美白成分といえば、ご存じ「ハイドロキノン」です。 皮膚科のシミ治療に使われている美白成分ですから炎症性色素沈着に対する効果は疑う余地がありません。


ただ、気をつけないといけないのはハイドロキノン配合であれば何でもいいわけではないということ。化粧品に配合する成分としてはハイドロキノンは非常に扱いにくく、 また、肌に負担がかかる成分ということもあって、高濃度であればいいというものではないんです。


ハイドロキノンが効くメカニズム  詳しくはコチラ

ハイドロキノンクリームを選ぶときのチェックポイント

ハイドロキノンクリームを選ぶときのチェックポイント ハイドロキノンは沈着したメラニンを還元して淡色化する漂白型の美白成分ということで有名ですが、 メラニン生成を抑制するシミ予防の美白成分としても非常に効果のあるものです。


しかし、そうした強力な美白作用の反動として肌に赤みやかゆみ、かぶれがでたり、刺激が強いということがありますし、 化粧品の有効成分としては劣化しやすい特徴があるため配合しにくいという弱点もあります。


ハイドロキノンの扱い方を間違えたり、低品質の粗悪なクリームを選んでしまうと、色素沈着が消えるどころか、 余計に黒ずんでしまったり、肌トラブルの原因になってしまうので注意が必要です。


ハイドロキノンクリームを選ぶ場合は、次のポイントをしっかりチェックするようにしてください。

ハイドロキノンクリーム選びのポイントは?

  • 成分として不安定なハイドロキノンを安定化させる処方になっていること
  • ハイドロキノンの濃度は1~4%。高濃度だから効果があるというわけではないこと
  • できるだけ肌に負担をかけないように低刺激処方になっていること
  • サンプルやトライアルセットで試せること。事前に必ずパッチテストをすること


個人輸入のハイドロキノンクリームには粗悪なものも混ざっているようですが、国内で販売しているハイドロキノンクリームにかんしては、そこまでひどいものというのはないと思います。 ただ、使った感触や肌への刺激には個人差があるので必ず事前にチェックしてから使ったほうが安心なのは間違いありません。

炎症性色素沈着に使いたいハイドロキノンクリームランキング

b.glen(ビーグレン)

お試し:1,944円 送料無料 

注目 QuSome化ハイドロキノンという衝撃!
特許取得の浸透テクノロジー「QuSome」を採用することで、不安定で浸透しにくいハイドロキノンの弱点をカバー。 1.9%の濃度ながら高濃度配合の他商品を上回る実感を得られるのは浸透技術の差です。 お試しセットは1,944円。365日返金保証付きです。

プラスナノHQ

お試し:3,240円 送料別

注目満足度70%!ハイドロキノンでシミ取り
ハイドロキノンを4%と高濃度配合したスポッツケア用のクリーム。リン脂質と組み合わせることでハイドロキノンを肌のトラブルの元へと 浸透させるアプローチを実現しました。
ビタミンACEも配合されており抗酸化対策もバッチリ!

デルミサ

価格:3,024円

注目イギリス生まれのハイドロキノンクリーム
ハイドロキノン2%とビタミンCという2つの還元作用のある美白成分を配合した王道ブライトニングクリームです。 世界15か国で販売されているベストセラーといいますが、日本ではまだまだ無名です。 通販はもちろん百貨店にも販売店を出しているみたいです。

ハイドロキノンクリームのイチオシはこれ
QuSome化したハイドロキノンの抜群の効果!

要チェック QuSomeホワイトクリーム1.9はココがスゴい!


ニキビ跡、虫さされ、ムダ毛処理や髭剃り後の色素沈着は炎症の刺激で生成したメラニンが表皮に沈着しているものなので、 メラニンを還元してくれるハイドロキノンを使ってケアすれば消えます。しかも短期間で。


ただし、前述したようにハイドロキノンは色素沈着を漂白する効果は高いものの、肌への刺激や成分として不安定といった不安要素もあるため、 ハイドロキノンクリームを選ぶときは、そうした不安要素が払拭されているものなのかどうかしっかりチェックしておく必要があります。


要チェック 劣化や酸化しやすいハイドロキノンを安定化させて配合していること
要チェック 浸透しにくいハイドロキノンの浸透力を高めてあること
要チェック 肌への負担をできるだけ減らす処方になっていること


炎症性色素沈着に対する効果を占ううえで重要なこの3つの要素をすべて兼ね備えているのが1位で紹介しているb.glen(ビーグレン)のハイドロキノンクリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。


「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、ハイドロキノンの濃度としては1.9%と大したことはありません。しかし、独自の浸透テクノロジーQuSomeRをにより、 ハイドロキノンの「安定・高浸透・低刺激」を実現しており、低濃度であっても浸透技術によって高濃度のものと同じかそれ以上の効果を発揮してくれるというのが最大の魅力になっています。


有効成分の量が少なくて済むということはそれだけ肌に対する刺激も軽減できます。 肌質をとわずハイドロキノンを安心して使えるというのは「QuSomeホワイトクリーム1.9」ならではの特徴といえると思います。


Copyright © 2014 炎症性色素沈着に効くハイドロキノンクリームを徹底特集!· All Rights Reserved·